印刷は業者に頼むことで簡単キレイに印刷できる

年賀状は風習である

どうして年賀状を送るのか

日本には新年を祝うと同時に年賀状をおくるという昔からの風習があります。 さて、この当たり前のように書いている年賀状ですが、 そもそもなぜこんな習わしがあるのでしょうか。 我々が生まれる遥か昔、時代は奈良時代に遡ります。 この頃から、新年が明けたらその挨拶回りをするという慣例があり、 遠方まで挨拶を済ませられないこともあったことから、 年賀状で挨拶の代わりとしたことに起因するようです。 さて1949年に始まった郵政の年賀状も今では様々な形に進化を遂げ、 現在ではスマートフォンのアプリとの連携で動画を観ることができたりと、 今ならではの新しい顧客を掴むことに成功しています。 一方、スタンダードな手書きや家族の写真を印刷する方もとても多く、 手作り感がよく出るのがその人気の理由でしょう。

簡単に出来る代行サービスとは

自宅で写真印刷する方法もありますが、パソコンやプリンターが自宅になかったり、 あっても、自分でやるのはちょっと面倒くさい方もいます。 そんな場合も、今はコンビニや郵便局で代行サービスがあります。 カタログの中から好きなデザインや入れたい写真を持って行き、その場で現金を払うだけです。 1〜2週間ほどで印刷された年賀状が届くので、宛名を書けばもう完成ですね。 早期申込みの割引サービスもありますので、印刷料金を抑えたりもできます。 当たり前のように送ってきた年賀状ですが、 その送り合う意味を知った上で、気持ちを込めてメッセージを書いたり、 写真を載せたりすれば届いた相手にも気持ちが届くのではないでしょうか。 今後もスマートフォンとの連携など新しい年賀状の形にも期待しつつ、 古き良き年賀状も伝え残していきたいですね。